HOME > 薬用ポリピュアについて > バイオポリリン酸とは

「分子の化石」といわれたポリリン酸

バイオポリリン酸とは何か?という前に、ポリリン酸について説明すると、人の体内に存在することは知られていましたが、その働きはハッキリと解明されていない「分子の化石」と呼ばれていた物質でした。その後の研究で、ポリリン酸は毛乳頭細胞の増殖を促すFGF(繊維芽細胞増殖因子)を活性化させる作用があると分かりました。このポリリン酸を強化し、浸透効果を劇的に向上させたものがバイオポリリン酸です。


バイオポリリン酸がFGFをサポート

人の体毛には、成長期と退行期、休止期、そして再び成長期…というヘアサイクルがあります。薄毛が進行する人は、何らかの理由で休止期のまま発毛しなかったり、成長途中の髪が休止期に入ってしまいます。これらの発毛しなくなった毛乳頭にFGFという物質が発毛の指令を出すのですが、非常に不安定なため、毛乳頭まで命令を伝達するのが困難です。バイオポリリン酸は、FGFを安定化させ、確実に発毛命令を出すサポートをします。

ポリピュアEXの口コミ・感想を見る>>

ポリピュアEXの公式サイトはコチラ>>

このページのトップに戻る